ふかつ歯科|安心して一生涯お付き合いできる歯科医院|こども歯並び矯正・ホワイトニング・訪問歯科

睡眠歯科外来

HOME | 専門外来 | 睡眠歯科外来

睡眠歯科外来

睡眠時無呼吸症とは、寝ている間に10秒以上呼吸が止まる無呼吸や、呼吸が弱くなる低呼吸を何度も繰り返す病気です。この無呼吸や低呼吸が1時間に5回以上起こった場合、睡眠時無呼吸症と診断されます。
 
睡眠時無呼吸症の中で、体重が重かったり、下あごが小さかったり、扁桃腺が大きかったりすることが原因で、のどの空気の通り道が狭くなっている場合を「閉塞型睡眠時無呼吸症」といいます。これとは別に、脳からの指令がうまくいかず呼吸が止まってしまうタイプの「中枢型睡眠時無呼吸症」というものもありますが、9割以上が閉塞型睡眠時無呼吸症です。歯科で治療ができるのは、この閉塞型睡眠時無呼吸症ですので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

どんな症状

 

 大きないびき
日中の強い眠気
寝起きが悪い
 熟睡感がない
 集中力の低下
 夜中の頻尿、子供の場合は夜尿
 起床時の頭痛 
ふかつ歯科 睡眠歯科外来

などが挙げられます。

睡眠中の無呼吸や低呼吸の自覚がある人は少なく、運転中につい居眠りをしてしまい事故を起こしたことがきっかけでこの病気が判明する場合もあります。
また、最近では高血圧や心筋梗塞、糖尿病など様々な病気の悪化因子になることも明らかになってきており、これらの病気を治すために積極的に睡眠時無呼吸症を治療しようという流れになってきています。

どんな検査

当院では、頭部側面レントゲン写真検査や内視鏡検査などにより、口やのどのどこに原因があるかを調べます。そして睡眠時無呼吸用のマウスピースにより治療効果が期待できるかどうかを診断します。
内視鏡は、直径3.6㎜程度で細く、表面麻酔も行いますので、痛みはほとんどありません。ご安心ください。
 
★歯科での検査の前に、まずは連携医療機関で、睡眠中にどの程度の無呼吸や低呼吸があるのかを検査します。

ふかつ歯科 睡眠歯科 内視鏡検査

内視鏡検査

ふかつ歯科 睡眠歯科外来 内視鏡

内視鏡

ふかつ歯科 睡眠歯科外来 レントゲン検査

レントゲン検査

どんな治療

ふかつ歯科 睡眠歯科外来 マウスピース

当院では、下あごを前に突き出した位置で、上下のあごを固定する上下一体型のマウスピース(スリープスプリント)を使って治療を行います。
これは、仰向けで寝ているときに落ち込んだ舌や口蓋垂(のどちんこ)を、前方に引き出し空気の通り道を確保する器具です。そのため、昼間は着ける必要はなく、寝ている間だけ着ける着脱可能な器具です。
スリープスプリントが完成して終わりではなく、その後はスプリントの調整や、ご自身の歯のメインテナンスのため、定期的な受診をお願いしています。
ふかつ歯科 ロゴ
 
診療時間

9:00  
12:00

14:00 
〜19:00

14:00〜17:00
専門外来は水・金の 9001200
〒510-8014三重県四日市市富田3丁目1-1

TEL.059-363-0012